スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

I am in love with you (1)

category: 未分類  


    I am in love with you 







「僕、香さんのことが好きです。
 冴羽さんがいることは分かってます。それでも、ぼ、ぼ、僕じゃダメですか?」

(え~~~~~~~~~~~~~)

香は彼の突然の告白にびっくりして声も出ない・・・

どうしてこんなことになったんだろう・・・?




------------------



彼と初めて会ったのは秋の夕暮れの公園

たまたま出かけていた香は帰り道にcat'sに寄る用事があり急いでた

(ここの公園抜けたほうが近道なのよね)

香はそう思うと少し暗くなった公園の中を急いで歩いていた

ふと見ると草むらの影から何やら声がすることに気がついた香はそちらの方に目をやると、気の弱そうな青年とチンピラ風の男どもが何やらやっているのが見えた

耳を澄ましてみると

「おい、なんだその態度は!!」

「す、す、すいません・・・」

どうやら青年は男共に絡まれているらしい

元来正義感の強い香は困っている人がいるのに見て見ぬ振りのできない性分・・・そのせいで危険な目にあうこともちょくちょくあるというのにまた首を突っ込もうとしている

青年のもとに駆け寄るとチンピラと青年の間に立ちはだかりキッとチンピラ達を睨みつけた

「何、弱い者に寄ってたかって!!」

とキツい口調で言い放つ

香の後ろでは青年がオロオロとして見ている

チンピラ達は香が現れたことにも屈せず

「あ゛、なんだこの女(あま)!!!」

と言って香に向かって襲いかかろうとした

殴られると思って香はギュッと目を瞑った瞬間、後ろから聞きなれた声がした

「お前ら、俺の相棒に用事でもあるのか!!」

後ろを振り返るとチンピラたちを睨みつける僚の姿があった

僚に本気で睨まれて狼狽えない奴らはいない

「お、覚えておけよ!!」

チンピラ達は捨て台詞を吐くと尻尾を巻いて逃げていった

青年は何が起きたかわからないといったような表情で呆然としている

「大丈夫?こんなところに一人でいるとまた絡まれちゃうよ」

香は心配そうに青年の顔を覗きこむと優しく微笑んだ

青年の歳は二十ぐらい・・ヒョロっっとした細身の体型に身長は香と同じぐらい、本当に気の弱そうな感じがする

青年は黙ったまま俯くと顔を真っ赤にさせ香と視線を合わせようともしない

「で、香ちゃんはこんなところで何してんの?」

青年の後ろから僚はおちゃらけモードで香に聞く

僚の声に安心したように香は傍に駆け寄った

「香、あんまムチャすんと怪我すんぞ・・」

香の髪をクシャっとすると呆れたような顔をする

僚の心配の種は尽きない・・・香は相変わらず無鉄砲で後先かまわず行動する

それが自分の敵わない相手だろうがお構いなし・・・

今だって僚が現れなかったらどうなっていたことかと思うと心配でたまらない

「ごめん・・・彼が絡まれていたから・・」

また僚に余計な心配かけてしまったと思い香は済まなそうに俯いていた

「僕がいけないんです。彼女は僕を助けてくれただけなんです。」

香が謝る姿を見て青年は香を庇うように震える声で僚に訴えかけてきた

震える青年を見て僚は苦笑いする

「こんなとこいんとまた絡まれるぜ・・・」

僚は優しい口調で彼に向かって言うと身を翻し公園の出口に向かって歩き始めた

「もう暗いから、気を付けてね」

香も彼に優しく声をかけると先に歩き始めた僚の後を追いか走っていった

「僚、ありがと。」

僚に追いついた香は腕を絡ませ甘えるように呟く

「お礼だったらこっちのほうがいいな

僚は立ち止まると香の唇に軽く触れた

突然の行為に香の思考はパンク寸前・・・顔を真っ赤にさせてシューシュー頭から湯気を出ているのが見て取れる

僚は喉の奥を「ククッ」と鳴らすと口角を上げてニンマリとした

そんな照れ屋な相棒を僚は愛おしくもあり、可愛く思う

立ち止まったままの香の肩に腕を回すと公園の出口に向かって歩き始めた






青年は呆然とするあまり香にお礼を言うのを忘れていたことを思い出した

二人の後を急いで追いかけると僚が香にキスをするシーンを目撃する

その様子を見て青年の心がズキっと痛む・・・それは初めて感じる感情・・・

その時初めて青年は香に一目ぼれしたことに気がついた・・・



 next    I am in love with you (2)

 


  ~あとがき~


香に一目惚れしてる男性って絶対いると思うんですよ
カオリン綺麗だし・・・
オイラが男なら確実に恋してるもん(^-^)

気がついたら3000ヒット
ご来場いただいた皆様にはこの場を借りて御礼申し上げますm(_ _)mペコリ
ありがとうございます(・∀・)わ~い
まだまだ未熟者のパルではございますが温かい目で見守ってやってください。
今後もよろしくお願い申し上げますm(_ _)mペコリ










スポンサーサイト

2013_11_17

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

パル  

Author:パル  
シティーハンターの僚×香メインのお話を書いていきたいと思っております。
何年かぶりにみたCHに再加熱して書いてみたいと思いこのサイトを立ち上げました。
パソコン初心者なのでうまくいかないことも多いかとは思いますが温かい目で見守ってください。

ご来場者数

AnthologyProject

種馬アンテナ

CHリレー小説

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。