スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

Kiss

category: 未分類  

     


      Kiss







最近、僚とキスをする回数が増えた


ふと気がつくと僚に捕獲されキスをされる


家事をしてても・・・


テレビを見てても・・・


時には外出中にもキスをする


嫌じゃないけど・・・


されっぱなしっていうのが気に食わない・・・





*****



「ねぇ僚、放してよ・・・」


「ダメ・・・カオリンとキスするまでは・・・


 ・・・・・だからキスしよ   」


「しない・・・」


僚の前を通り過ぎようとしたらまんまと捕まってしまった・・・


僚の膝の上にちょこんと座って足をジタバタさせる


でも僚がしっかりと腰を捕まえていて動くことができない・・・


「カ~オリン、キスしよ・・・」


あま~い言葉で囁かれる・・・


「だから・・・ヤダ・・・」


「なんで・・・?」



「だって・・・僚とキスすると・・・・」


恥ずかしくってその先は言えない・・・


「じゃぁ、カオリンからキスして・・・」


「○×%#*//////」


香は目をパチパチさせて耳まで真っ赤にさせた・・・


キス一つでそんなに恥ずかしがることでもないだろうに・・・と僚は思う・・・


僚はそんな香を愛しくもあり可愛らしく感じる・・・


「な、な、、なんでそうなるのよ~!!」


「いつも俺からだろ・・・


 ・・・たまにはされたい・・・・」


からかい半分・・・本音半分・・・・


そんな僚のあま~い囁きに、香の心臓は今にも破裂しそうなくらいドキドキする

 
「だから・・・して・・・」


僚の甘い誘惑に結局は香が負けてしまう・・・・


「じゃぁ、目を閉じてくれたら・・・/////」



僚は目を閉じて香の唇が触れるのを待った・・・


なかなか触れてくる気配がない・・・


やっと触れたと感じたのは・・・・


僚の頬っぺただった・・・


「し、したよ////」


僚は大きく溜息をついた


子供じゃあるまいし・・・


頬っぺたにチュって・・・・


僚がして欲しかったキスにはほど遠い・・・


「こんなんじゃない・・・」



「したもん!!


 だから・・・放してよ・・」



「ちゃんとキスできたらな」


香は少しふてくされ気味に・・・


「ちゃんとって・・・?」


「だから・・


 ちゃんと唇にキスできたらな」


恥ずかしさのあまりに香の全身がピンク色に染る・・・


僚はそんな香の様子に微笑む・・・


香は大きく息を吸い込み


僚の肩に腕を回した・・


小鳥が啄むようなキスをした・・・


一瞬僚の唇に香の唇が触れた・・・


「したよ/////」



香の目は潤んでいた・・



僚にはたまらないその表情・・・


「もっと・・・・」


僚からのお強請りに・・・


香はもう一度キスをした


今度はさっきより・・・少し・・長く・・唇が触れていた・・・


香の唇が離れると


今度は僚から触れた・・・


深く、深く・・・


香の唇に重ねた・・・


僚からされるキスに香は全身が蕩けてしまいそうになる


香は力が抜けたように僚に身体を預けていた・・・


暫くして唇を離した


香の瞳は潤んでいて、唇は艶やかに濡れていた


「これぐらいして欲しいな・・」


「○×%#*/////」


香は恥ずかしくて声も出なかった・・・


僚の腕から力が抜けて、香が立ち上がろうとした瞬間


その場にペタっと座り込んでしまった


「どうした・・?」


「・・腰が抜けちゃったみたい・・・」


「ククク・・・」


僚は喉の奥を鳴らしながらニヤッっと笑った


初秋の風がリビングをスーと吹き抜けっていった





 ~あとがき~



たまにはこんな二人もありかな・・・

でも僚らしくない気がしたりもします

最近、暗めな作品が多かったのでラブラブな二人を書きたくなり

書いたらこうなりました・・甘甘です^^ 








スポンサーサイト

2013_09_19

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

パル  

Author:パル  
シティーハンターの僚×香メインのお話を書いていきたいと思っております。
何年かぶりにみたCHに再加熱して書いてみたいと思いこのサイトを立ち上げました。
パソコン初心者なのでうまくいかないことも多いかとは思いますが温かい目で見守ってください。

ご来場者数

AnthologyProject

種馬アンテナ

CHリレー小説

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。