スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

your thing forever  後編

category: 未分類  

この作品には大人な表現が含めれています。
18歳未満の方やそういう表現が好きではない方は読まれない方がよろしいかと思います。
オイラの書くもんなんで大したことはないのですが・・・
読まれて気分を害されても責任は持ちませので、ご了承のうえお読みください。
それでもよろしい方はどうぞ(*≧∀≦*)








     

 












     your thing forever 後編




香の唇を指でなぞり、再び覆うと舌を絡ませて激しく口づけた

パジャマの上から柔らかな胸を触わり、ボタンを一つ一つ器用に外していく

香の胸に触れるとしっとりと湿り気を帯びた肌が手に吸い付いてくる

胸を触りながら、香の唇から離し、唇、耳、首筋、鎖骨へと赤い華を咲かせながら這わしていく・・・

香のパジャマを器用に脱がすと、胸までたどり着いた舌がピンク色の実にぶつかった・・

「はぁ・・」

香から甘い声が漏れる

片手で胸を揉みながら、その実を舌で転がすとさらに激しく悶えた・・・

「ぁあ・・」

愛するオンナが自分の中で感じている姿が可愛くって仕方なかった・・・

残った手をパジャマの中に侵入させるとショーツの上から割れ目を指でなぞる

ビックっと体を硬直させると僚の背中に回していた手に力が入る・・

更にショーツの上から割れ目を擦るように撫で上げると香から甘いオンナの匂いがしはじめる

しっとりとショーツが濡れてきた・・・

ショーツのクロッチ部分をはじに寄せ直接指で触ると香から甘い吐息が漏れた

「んぁ・・」

溢れ出す蜜を指で掬い上げ花芽に擦りつけると身体がピクンと反応する

「りょ・・ぅ・・」

恥ずかしそうに頬をさくら色に染め虚ろな瞳で艶かしく呼んだ

「かお・・り・・」

お互いに見つめ合い再び熱い口づけを交す

そのままショーツとパジャマのズボンを脱がすと、香の雪のように白い全身が顕になる

その妖艶で美しい姿にゴクリとつばを飲み込んだ・・

「恥ずかしよ・・////」

香は恥ずかしさのあまりに身体を丸めて隠そうとした

僚はそれを許すはずもなく、香の腕をベットに押し付けて組み敷いた

「綺麗だ・・・」

香はその言葉に嬉しそうに微笑んだ

そのまま唇にキスをするとふくよかな胸を触り、首筋、鎖骨、胸・・・下へと唇を這わしていく

「ぁん・・・・」

僚の与える感触に身を捩らせて啼いていた・・

今まで触れることも許されなかった身体に触れ、自分のものである証を刻みつけていく

感触のひとつひとつに反応を魅せ、啼き、悶える香の姿が愛おしく、全身を愛撫し舐めまわる・・

もう、離さない・・・離せるわけがない・・そんなことが脳裏をよぎる・・・

僚の手は中心へと伸び、蜜を蓄えた泉にたどり着く

もはやそこは溢れんばかりに蜜が流れシーツを濡らしていた

指の腹で花芽を擦りつけると一層激しく悶え啼いた・・

「はぁぁん・・

僚の与える感触の一つ一つに啼く香の声が嬉しくて、更に攻めつづける

もはや僚の理性はそこにはなく、ただの雄としての本能が香を快楽の世界へと誘う

溢れる蜜の泉に指を差し入れ、内壁を擦り上げる

「ぁぁああ・・・

香のナカは想像よりも狭く、指が一本しか入ってないのにぎゅうっと締め付ける

このナカに自分の分身が入りきるか心配になるほど狭く、締めつけがいい・・

ゆっくりと指を動かし始め香のナカを溶かし解していく・・

徐々に指の動きを早くして、内壁を擦り上げると香は甲高い声を上げ始める

「はぁ・・・・・ぁ・・」

香からあふれる蜜でグチュグチュとした水音と香の啼き声が部屋中を木霊する・・

指を増やし香のナカをグルグルと掻き回し攻め上げた

「ぁん・・・・りょ・・ぅ・・」

香のナカがヒクヒクと痙攣しはじめ、指を更に最奥へと誘うように締め付ける

「りょ・・ぅ・・も・・ぅ・・ダ・・・メ・・はぁあ~ああぁぁ・・・」

内壁をリズミカルに擦りあげ、花芽を指先で刺激すると香は白濁する意識を遠くに飛ばした・・・





香の身体がヒクヒクと痙攣して指を締め上げている

香のナカから指を抜くと、指にまとわりついていた蜜を舐めた・・

蜜からは甘酸っぱいオンナの匂いと香の味がした・・・

しっとりと汗ばんだ身体を抱き寄せシーツを被せると香の意識が戻るのを待った

暫くして香が虚ろな目をうっすらと開けた・・・

「りょ・・う・・?」

何が起きたかわかんないらしくキョトンとした表情で俺を見つめた・・

「私・・・どうしちゃったの?」

ククッと喉を鳴らしニンマリと顔を緩めて

「おまぁ、イったんだよ・・・」

「どこに・・・?」

不思議そうな顔をして見つめる香が何とも言えなかった

男と女のことに疎い香に言ったところで理解できるわけはなかった

「気持ちよすぎて、気を失ってたんだ・・・ククク・・」

「や・・・」

顔を真っ赤にして僚の胸で顔を隠した・・

そんな香の姿が可愛らしくもあり、愛しく思った

「ヤだったらこのままやめるけど・・」

からかうように香に語りかける・・・

香は顔をあげ首をふるふると振ると真剣な眼差しで見つめてきた・・

「やめないで・・・」

口角を上げてニヤッとすると香の上に覆いかぶさり艶やかに濡れた唇に重ね合わせた

香の腕が僚の背中にそっと回された

僚はスエットのズボンとトランクスを脱ぐと待ちきれんばかりに膨れ上がった欲望の塊がそそり立っていた

香の手にそっと握らすと、ビックと反応した・・

「大っきい/////・・」

「待ちきれないってさ・・おまぁのナカに入りたがっている・・」

赤くなっていた頬もっと赤くして恥ずかしそうに頷いた

香の中心にモノをあてがうと、これから訪れるであろう痛みが少しは和らぐように溢れ出した蜜を塗りこんだ・・・

「挿れるぞ・・・」

蜜の溢れる入口にモノをあてがい、ゆっくりと飲み込ませていく

先っぽしか入っていないのに香のナカは侵入を拒むかのように締め付け、今にもイってしまいそうな感覚に襲われる

香は大きく息を吸い込んで、痛みに耐えていた・・・

その姿をみて僚の心はいたんだ・・・

長いあいだ痛みに耐え続けるより一気に貫いてしまったほうがいいのではないかと思った・・・

ゆっくりとのみ込ませていたモノを勢いよく香のナカに突き挿した

「ぁあああああ・・・・」

痛みのあまりに大きな悲鳴が部屋中に木霊する・・・

香の目からから大粒の涙が落ちてシーツを濡らした
「ひとつになれたな・・・」

うっすらと目を開け僚を見つめる

「嬉しい・・・」

そう呟くと天使のような微笑みを浮かべていた

眩しすぎるくらいの笑顔だった

香に口づけを落とすと、徐々に腰を動かし始めた

まだ痛みの方が強いのか苦痛で顔を歪めている

痛みを和らげてやりたくて花芽を指で擦り上げる

「ぁん・・」

香から漏れた甘美な嬌声・・・

深く深くゆっくりと突き挿し、香のナカを刺激する

「はぁん・・ん」

痛みから解放されだしてきたのか甘い吐息と啼き声が聞こえてきた

動かす腰のスピートが早くなりはじめる

静かな部屋にはクチュクチュとした蜜の絡み合う水音と香の甘い喘ぎ声だけが響いていた・・・

香の声が僚の理性を全て壊し、本能のままに腰を動かさせた・・

「りょ・・ぅ・・ダ・・・・あぁぁ・・」

「かお・・り・・・」

香の最奥へとリズミカルに突き挿し、お互いに快楽の階段を勢いよく駆け上がる

「りょう・・大好き・・・あぁぁぁぁ」

「かお・・・ぁぃ・・・・・・」

お互いに迎える絶頂の瞬間・・・

数回激しく奥へと挿し、ピクピクと痙攣をする香のナカにすべての欲望を全て吐き出した



気を失った香からモノを引き抜くとティッシュで清める・・・

香のそこから流れ出る白濁とした液体の中に交じる赤い液体・・・

それは香が処女だった証・・・・

奪うことをためらい続けてきたのに、結局は自分が奪ってしまった・・

血塗られた闇の中で共に生きていくことを選び、平凡な人生を捨てたオンナ

一生守り続けようと心に誓った・・・



---------------------------------


ブラインドの隙間から陽の光が差し込んでくる

腕を伸ばしブラインドを閉じるてやる・・・部屋はまた薄暗くなる

腕の中には規則正しく息をする香が眠っている

昨夜香を初めて抱いた・・・

香から誘ってくるとは夢にも思わなかった・・

何がそこまで香にさせたか僚には思い当たるフシがない

しかし愛するオンナを抱くことがこんなに幸せだとは思いもよらなかった

あんなに綺麗なままでと思い香に手を出すことを躊躇っていたのに、こうなるとおかしいくらい香が欲しくなる

もう手放すことができないだろうと思った・・・

これからのことを思うと顔のニヤつきが止まらない

香の髪を優しく撫でると、頬にキスを落とした

香はスヤスヤと眠っている・・・

こんな無防備な姿を腕の中で見ることが出来て幸せだった

俺以外には見せるなよっと心で思いながら、香を抱き寄せてゆっくりと眠りに落ちていく・・・





                                            fin      


  



  next The first morning



   ~あとがき~



初夜ってことで書いてみたのですが・・書いていく間にどんどんエロくなっていったしまい・・
最後まで書くかも迷ったりしてたんですが・・・書いてしまいました
初キスとか初Hとか考えるだけで楽しいいです^^色々なイメージがあるのでまた発表していきたいなと思っています
僚と香の甘い一夜なんて思ったのですが難しかったです。大人な表現の限界です・・・(笑)
こんなものを発表していいかも迷いましたが・・発表させていただきました。
(こんな駄作を発表させていただいてすいません><)
とりあえず一線は越えました(笑)これからはもっとラブラブな二人も書いていきたいなぁと思っています
香ちゃんと僚には幸せになってもらいたい・・・その一点です。
AHを初めて見たときに悲しくて仕方なかったです。カオリストの私としては受け付けず、未だに読むことができなくて・・・
香が死んでしまうとこから始まるなら読まなきゃよかったって今でも思っています(AHファンの方すいません)
だからこそ幸せな二人を描きたいと思いに駆られたのかもしれません。
重い感じになってしまいましたが、読んでくださった皆様ありがとうございます。






スポンサーサイト

2013_09_14

Comments

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2015-12-22 22:49  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

パル  

Author:パル  
シティーハンターの僚×香メインのお話を書いていきたいと思っております。
何年かぶりにみたCHに再加熱して書いてみたいと思いこのサイトを立ち上げました。
パソコン初心者なのでうまくいかないことも多いかとは思いますが温かい目で見守ってください。

ご来場者数

AnthologyProject

種馬アンテナ

CHリレー小説

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。